トップページ > 会の主旨・概要

和光・緑と湧き水の会 主旨

 和光市は東京に隣接し、至便な住宅都市として発展しつつありますが、武蔵野台地端に位置する市内の白子川斜面などに、清洌な湧水地を含む林などが残存しています。
 これらは都市化が進む東京近郊において、自然に親しむ貴重な市民の財産になると思われます。私たちは、これらの湧水を取り巻く斜面林や湧水中の生物など、さらに地下水系を含めた自然環境調査、生活水として使われた湧水文化に関して、和光市と日本自然保護協会に協力し、1999年度から市民のヴォランティアの窓口として参加してきました。
 この2年間にも、貴重な緑地、湧水を含む斜面林が開発され、急速に自然が失われています。私たちは、自然環境調査の経験を生かし、緑地の調査や観察、湧水の保全、地下水系の観測などを通して、自然に親しみ、その大切さを多くの人々に伝えたいと願っています。

会の概要

設立趣旨書

特定非営利活動法人 和光・緑と湧き水の会 定款

和光・緑と湧き水の会についての問い合わせは、高橋まで

design テンプレート